仮想通貨の用語、簡単まとめ

仮想通貨まわりの聞きなれない用語を簡単に書いていこう。

ビットコイン用語

イナゴ:すでに上がってきたところに乗っかって買う人

バーン:コイン発行量を減らすこと。コイン1枚当たりの価格が一旦上がる傾向。

くじら:大口保有者

ポジトーク:それぞれ持っている、応援している仮想通貨に偏った良いこと多めの意見。ポジショントーク。煽りの場合もある。

GOXする:流出や紛失でお金が無くなる。マウントゴックス事件をもじったもの。

CCする:同じくお金が無くなること。CCはコインチェックの意味。

出川組:コインチェックの出川哲郎さんCMを見て参入してきた2017年12月~1月頃の参入者。

出川組2.0:コインチェックNEM流出後、一旦暴落した後の上げで参入してきた人。

リバ: リバウンド。反転のこと。急落した後の反発する動き。

落ちるナイフ: 大きく下落してる仮装通貨銘柄。初心者には危険。
下げ止まりを確認して買いたいが難しい。下げ止まったように見えてさらに下落もありえる。

 

コインの立ち位置

ビットコイン(BTC):老舗、基軸通貨。
仮想通貨を買う時は一旦BTCに建て替える必要あり。で、今のところ需要も落ちない。

イーサリアム(ETH):BTCの次に建替えが多い。
取引所内でUSD建、JPY建、BTC建ときて、次にETH建て。
他は価格が低いものでドージコイン建(Doge)くらい。
まだ、直接両替できるコインは無い。
また、ICOの購入にも使われることが多い。

2018.1.29時点

 

間違っていること、
情報が変わっていくこと多々あると思うので、
あくまでざっくり知りたい人向けです。